Home » さんじゅ久我山 » さんじゅ久我山 『嚥下内視鏡検査』実施しました

さんじゅ久我山 『嚥下内視鏡検査』実施しました

杉樹会では「美味しく、楽しく、安全に、お食事を召し上がっていただくこと」を特に大切に考えています。でも、誰しもご高齢あるいは病後の何らかの障害など、日を追うごとに“食事をする”“口からものを食べる”ことが難しくなります。そこで、施設では介護職員、管理栄養士、看護師、機能訓練指導員、介護支援専門員、生活相談員など各職種の職員連携のもと、お食事の量や形態、内容を、栄養面に配慮しながら、出来る限りの工夫を凝らしております。安全、安楽にお食事を楽しんでいただくために細心の注意を払って取り組んでおりますが、それでも嚥下=飲み込みの機能や力が低下することで、「誤嚥性肺炎」や「窒息」など、飲食に伴う危険は高まってまいります。食事介助により「食べることができる」ことと、機能としての「飲み込みが正しく出来ている」ことが一致しない場合もあります。

さんじゅ久我山では、このたび訪問歯科のご協力により『嚥下内視鏡検査』を施設内で実施いたしました。嚥下状態が心配な方、ご家族のご希望と立会いをお願いするなどの条件のもとで数名の方々が受けられました。関係職員も同席し、検査結果や医師によるアドバイスを受けて、検査後にはご家族を交えてカンファレンスを実施。その方の状態に合わせて食事の形態や量、食事時の姿勢、介助の仕方などの見直しもしています。これからも誤嚥を防ぎ、より安全な食事サービス提供を目指してまいります。

Comments are closed.