Home » 杉樹会本部 » 第2回家族介護教室 ~認知症サポーター養成講座

第2回家族介護教室 ~認知症サポーター養成講座

さんじゅ阿佐谷では年に4回、杉並区の委託事業である「家族介護教室」を実施。地域住民の皆さまに介護に関わる知識を広げたり、介護スキルのUP等に役立てていただければと考えています。

dscn0544-500x375

9月16日に開催された第2回目は、認知症サポーター養成講座。

講師は当法人職員の看護師、認知症ケア専門士の公文青子さん。

認知症への理解や、コミュニケーションについて学ぶ機会となりました。

dscn0546  dscn0550   dscn0549-500x375

今回は様々な世代の方が来て下さり、質問も飛び交う熱気のある講義となりました。

認知症になっても、安心して生活できる街づくりを目指して、今後も認知症サポーターの輪が広がるお手伝いができればと考えております。

次回は加齢に伴う、嚥下の機能やしくみをテーマに、当法人の管理栄養士が「高齢者のお食事、介護食について」のテーマでお話しいたします。

特別養護老人ホームさんじゅ阿佐谷内で毎回開催しております。

広報杉並に開催日時や内容のお知らせが掲載されますので、ご興味ある方は、チェックしてみてください☆

Comments are closed.