Home » 働き方もいろいろ » 職員提案制度

職員提案制度

平成26年度職員提案実施要領

1.目的
変化を恐れず気づいたことを提案するチャレンジ精神が介護サービス充実の礎であることを直視し、職員の業務上の有益な研究、工夫等の考案を法人経営の革新に活かす。

2.対象職員
常勤職員および在職1年以上(7月31日現在)の非常勤職員。個人とグループを含む。

3.提案募集の期間
平成26年8月1日(金)~10月31日(金)

4.提案の方法
次の2分野について、「杉樹会の事業内容と実施方法に関する提案書」により提案する。
第一分野 杉樹会が新たに取り組むべき事業の提案
第二分野 既に実施している事業の内容、実施方法等を見直す提案

5.選考の方法
職員から提出された提案内容は選考会(運営会議の構成員)において審査し、優秀賞および最優秀賞(優秀賞中の1提案)を選考する。
口頭による説明を希望する提案者(グループ提案の場合は代表者)には、選考会でのプレゼンテーションの機会を設ける。

6.表彰等
表彰状を授与して顕彰(最優秀賞と評価された提案者には副賞を贈呈)する。
受賞者の氏名、所属および提案内容を法人内に周知し、ホームページに掲示する。

7.提案の活用
優秀賞とされた考案内容を尊重し、法人運営に活用する。
受賞職員が提案した内容を実施しようとするときは、情報提供、助言、施設使用承認などの方法で支援する。

Comments are closed.